イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

うなぎの炊き込みごはん

レシピを印刷する

うなぎの炊き込みごはん

ごぼうの香りをいかしたあっさり味。冷めてもおいしくいただけます

カロリー1人分:460kcal.

塩分1人分:2.2g

ケータイへ送る

材料(4人分)
うなぎ蒲焼 1尾
枝豆 適量
ごぼう 1本
2カップ
だし汁 380cc
大さじ1
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ1

作り方

(1)ごぼう1本はささがきにしておきます。
(2)土鍋に洗った米2カップとだし汁380cc、酒大さじ1、しょうゆ大さじ2、みりん大さじ1とささがきにしたごぼうを入れます。
(3)強めの中火にかけ、沸騰したら約12分程弱火で炊きます。
(4)2cm幅に切ったうなぎの蒲焼1尾とボイルしてサヤから出した枝豆をちらし、4〜5分蒸らしたら出来上がり。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●鰻● 【種類・旬】養殖が大半で、通年見かけますが、旬は脂がのる夏です。一般的な鰻のほか、薬用に用いられる八目鰻があります。
【栄養・効能】体の抵抗力を高めるビタミンAをはじめ、皮膚や粘膜を健康に保つビタミンB2が豊富。夏バテしやすい「土用の丑の日」に食べるのがおすすめです。
【食べ方】蒲焼きがほとんど。さめたら、皮目を焼いてから酒をふってラップし、電子レンジで温めるとおいしくいただけます。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

温め直しにはお酒をふって

レシピを見る

スタミナ食材の代名詞のようなうなぎ。さまざまな調理法がありますが、なんといっても蒲焼きが筆頭。店頭で売られている蒲焼きはいただくときに温め直すことをおすすめします。電子レンジで結構ですが、1尾につき大さじ1程度のお酒をふってからラップし、加熱してみてください。身がふっくらと、焼きたてのような食感が味わえます。冷凍ものやレトルトパックのものも同様に温め直すとおいしさが倍増します。