イズミヤレシピ TOP > 検索結果一覧

雑穀米のおかゆ

レシピを印刷する

雑穀米のおかゆ

梅干しのさっぱりとした味わい。
朝食なら、残りご飯で作ればさらにお手軽

カロリー1人分:252kcal.

塩分1人分:1.9g

ケータイへ送る

材料(2人分)
雑穀ご飯 お茶碗1杯分
レタス 2枚
ベーコン 2枚
400cc
梅干し 1個
少々
炒りゴマ・大葉 適量

作り方

(1)レタス2枚は粗めの千切りにし、ベーコン2枚は1cm幅に切りカリカリになるまで焼いておきます。
(2)雑穀ご飯お茶碗1杯分に水400ccと梅干し1個を加え、中火の弱火でやわらかくなるまで煮ます。
(3)塩少々で味をととのえたら器に盛ります。レタスとベーコンをのせ、炒りゴマと大葉の粗みじん切りをかけていただきます。

「レシピ案と料理/増田和子 栄養価計算/日本食糧新聞社」

おいしさと栄養

●梅干し● 【種類】大粒の白加賀や南高、小粒の甲州最小などの梅の実を使います。粗塩で漬けた白梅干し、塩漬けに赤じその葉を加えた赤じそ漬け、干さずに仕上げるカリカリ漬けなどがあります。白干しを塩抜きして蜂蜜で味つけした蜂蜜漬けも人気です。
【栄養・効能】疲労物質の乳酸をとり除くクエン酸が豊富。酸性度が高く、食中毒予防や腐敗防止にも強い力を発揮します。
【特徴】塩分を多く含むので多食は避けましょう。

その他のおいしさと栄養

ページトップへ

トマト/トマトは膨らんだ果実?

レシピを見る

英名のトマトはさかのぼると「膨らんだ果実」を意味するメキシコ土語に由来するそうです。ペルーのアンデス高地が原産です。当初は観賞用で、野菜として欧米に広がったのは19世紀以降とされています。「トマトが赤くなると医者が青くなる」というたとえがあるように、ヘルシーパワーがむかしから認められています。サラダやサンドイッチ、煮こみやスープ、パスタのソース、カレーやシチューなどに広く利用されています。フルーツトマトやミニトマトも人気です。